株式会社シーマ




ご利用時の仕様が様々になので基本機器構成は以下の構成になります。
サーバー本体
総合管理PC
進行状況表示PC
プリンター
周辺機器
受付確認用PC、オペレートPC、プレゼンPCは規模により別途お見積致します。
ビデオプロジェクター、プラズマディスプレイ等、表示用出力機器は別途となります。

本システムは、受付・確認PCならびに、オペレートPCと総合管理PCと進行状況表示PCに各々のソフトウエアをインストールします。 その動作環境はWindowsXPにて確認しております。

簡単操作で確実なデータ受け取りと、受付状況が随時確認できます。
予め入力済の講演プログラムから講演者を選びデータを受取るだけの容易なオペレーション。
受取ったデータをサーバー上にて表示確認するので、制作環境との差異による表示の不具合は事前に確認できます。
受付時の留意点等は、備考として講演会場のオペレーターに伝達されます。


サーバーから各部屋への自動転送は講演プログラムに基づいて行われます。
講演用PCが本講演で使用されている場合(本番中)と待機中を区別し、 本番中はデータ転送を行わず、 待機中や休憩中に行われます。
講演用PCの各部屋冗長化にも対応し、 本番中のPC以外には転送がかかります。 尚本番が終了すると、そのPCにも受付済のデータは保管できます。
会場オペレーターも受付状況をリアルタイムで確認できるので操作に専念できます。 手動コピーよりもリスクが低くなります。


受講者への効率的なスケジュールデータを提供します。
各会場のオペレーターの操作状況がそのまま表示されるので、まさにリアルな進行状況を表示します。
バックヤードでは、受付を含む全ての進行状況が把握できます。急な講座の中止や追加も随時対応可能です。
 
※価格は別途お問合せください。  
   
 
     
 
前のページにもどる このページのトップにもどる
     
Copyright (C) 2009 CIMA, Inc. All Rights Reserved.
 
シーマトップページへ 会社案内 事業部のご紹介 WEBレンタルカタログ シーマ販売商品 資料請求・お問合せ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ